【実態とは?】返済不要の新聞奨学生のメリットとデメリット

【デメリットその1】はじめのうちは体力が持たない

新聞奨学生の朝早起きして、大量の新聞を自転車に乗せて配達しなければならず、相当な体力を必要とします。

最初の1~2ヶ月は、その生活に慣れるために相当苦労する人が多いよう。

新聞奨学生の配達部数はエリアによっても違うが、平均250部。総重量は多い日で70キログラムほどにもなる。私は運動経験がほとんどない。息切れしながら、自転車をこいで岸田君についていく。

「大変なのは最初の3カ月でした。その時期さえ乗り切ってしまえば、この生活が日常になりますから」

引用)密着! 新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択|PRESIDENT Online

【デメリットその2】自己都合で夕刊を休めない

新聞奨学生は、販売店側からは「バイト」というよりも「正社員などと同じような責任を受け持つ立場」であると捉えられているようです。

勤務の面で通常の学生のアルバイトと違うのは、新聞販売店の一スタッフとして責任のある行動を求められる点だ。仕事に穴をあけると、代わりの人が配達をせねばならない。“テスト前だから休む”というわけにはいかないのだ。

引用)密着! 新聞奨学生との1週間――「学費も生活費も、子供自身が稼ぐ」という選択|PRESIDENT Online

業務として夕刊の配達などが有りますから、普通の大学生なら当たり前にできる活動、例えば授業が終わってから友達と遊んだり、午後からの活動であるサークルやクラブ活動に参加する事はまず出来ません。

その他にも、大学の必須科目があるからとか、テスト前だからとか、就職活動をしたいからとか、それらは個人的な理由として認識されることが多く、そのような理由で夕刊を含むその他の業務を休むことは出来ないという認識を持っておきましょう。

夕刊が休めないことについて、奨学会事務局に相談するという手もありますが、オイラはあんまりうまくいったという話を聞いたことがないです。
(奨学生がオーナー店、あるいは傘下の店舗に配属された場合、力関係が「オーナー店>事務局」なので。事務局から「所長と話し合って自分で解決して欲しい」って言われて、結局辞めちゃった人間なら何人も知ってます)

引用)新聞奨学生のメリット・デメリット。|続ドクパニッキ

【デメリットその3】配属先の販売店によって当たりはずれが大きい

私が新聞奨学生を全力でオススメできない理由は、配属される販売店によって新聞奨学生への待遇の良し悪しが大きく変わってくるということ。

もしも悪い販売店に当たってしまった場合、新聞奨学生の募集ときに聞いた説明とは全く異なるような業務量をこなすよう強制されたり、理不尽な理由から給与を減らされてしまうなどの場合もあるということ。

新聞奨学生を募集するさいのパンフレットと実際の仕事が違っていた。新聞配達や集金等と書かれており、「等」には販売促進のポスティングや販売店のキャンペーンをやらなければならない。その時間を負わせると一日5時間の配達時間の倍になることもある。新聞代金の集金ができない場合には、自腹を切らなくてはならない。また、間違えて配達をするとペナルティとなり、給料が減らされ給料が半分しかもらえないこともあった。病気でも休めないこともあるという。

引用)新聞奨学生 新聞が書かない新聞の闇|BLOGOS

新聞奨学生のことを書くと「いや、そんなに酷いことはなかった」と反論をいただくこともあります。
でもね、この新聞奨学生の問題って、「奨学生が直接受けた待遇の善し悪し」じゃなく、「優良店と劣悪店が混在してて、その待遇を自分では選択出来ないし改善も出来ないことが問題」だと自分は思うんです。

引用)新聞奨学生のメリット・デメリット。|続ドクパニッキ

問題ばかりの販売店が多いというわけではないようですが、それぞれの販売店が大なり小なり課題を抱えていて、販売店で働き始めてみないとその実情が分からないというこを、しっかりと理解した上で決断する必要があります。

次のページでは、新聞奨学生のデメリット4~5についてお話していきます。

スポンサーリンク

3ページ目(全5ページ中)