【実態とは?】返済不要の新聞奨学生のメリットとデメリット

新聞奨学生とは、新聞社独自の奨学金制度を利用している学生のことで、学費の一部もしくは全額を新聞社が肩代わりする代わりに、在学中は新聞配達業務を行うというもの。やめたいけどやめられない理由とは。現代の奴隷制度とまで比喩される新聞奨学生の実態のまとめ。

数百万円もの奨学金の返還免除に加えて、毎月10万円もの給料がもらえる新聞奨学生ですが、その魅力的なメリットの反面、大きなデメリット(配属先の当たり外れが大きすぎる、外れた場合にやめたくてもやめられないなど)を抱えているのが新聞奨学生の特徴。

ただ、ある方法(日本学生支援機構の奨学金を併願)を使って万が一、新聞奨学生をやめる時のために備えておけさえすれば、安心して新聞奨学生になることができるのも事実です。

今回は、そんな新聞奨学生の実態について、メリットとデメリットという視点でまとめていきます。

記事後半では、ある方法を使って新聞奨学生のデメリットを大幅に解消する方法についてもお話していきます。

少し長い記事になっていますが、これから新聞奨学生になって、数百万円を安心して得られるかどうかに関わるないようですので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク