奨学金申請理由の書き方と参考例文まとめ

奨学金の申請理由とは「進学するための学費や生活費が足りないこと」をアピールする文章のこと。奨学金で使える家庭事情や経済状況の参考例文(200字以内)を多数紹介。特に理由が思いつかない(親に勧められた)人も必見です。

日本学生支援機構などの奨学金の申請する時に困ってしまうのが、家庭の事情や経済状況といった奨学金の申請理由を書くところではないでしょうか?

でも安心してください。

この記事では、奨学金申請の理由に使える200字以内の参考例文や理由がない場合の対処法作文のポイントなどについて一つの記事にまとめておきましたので、参考にしてみてください。

奨学金の申請理由一覧表

下記をクリックすると、家庭事情別にまとめられた奨学金申請の参考例文(200字以内)を見ることができます。


両親に迷惑を変えたくない(自力での進学を希望、自立したい)兄弟も進学(受験)する特に理由が思いつかない(親に勧められた)実家の住宅ローンの支払いが厳しい母子家庭(片親、離婚)両親の収入が少ない(減る見込み)夢を叶えたい仕送り(生活費)が足りない自宅外(一人暮らし)学業に専念したい授業料が高い私立大学を志望しているアルバイトができない(したくない)留学したい通学時間が長い(実家通い)介護が必要な家族がいる父親が単身赴任をしている両親が不在(死別など)教育ローンに落ちた病気や障害のある家族がいる


具体的な奨学金の参考例文

奨学金の具体的な申請理由(家庭の事情、学生生活の状況、経済状況など)について、閲覧数の多い順に紹介していきます。

両親に迷惑をかけたくない(自力での進学を希望、自立したい)場合の参考例文

兄弟も進学(受験)する場合の参考例文

実家の住宅ローンの支払いが厳しい場合の参考例文

母子家庭(片親、離婚)の場合の参考例文

親の収入が少ない(減る見込み)の場合の参考例文

夢を叶えたい場合の参考例文

仕送り(生活費)が足りない場合の例文

自宅外(一人暮らし)の場合の参考例文

学業に専念したい場合の参考例文

授業料が高い私立大学を志望している場合の参考例文

アルバイトができない(したくない)場合の参考例文

留学したい場合の参考例文

通学時間が長い(実家通い)場合の参考例文

介護が必要な家族がいる場合の参考例文

父親が単身赴任をしている場合の参考例文

両親が不在(死別など)の場合の参考例文

教育ローンに落ちた場合の参考例文

病気や障害のある家族がいる場合の参考例文

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク