【奨学金申請の志望理由】特に理由が思いつかない場合の参考例文と書き方のポイント

奨学金の申請手続きを行う際に困ってしまうことといえば、奨学金を借りる志望動機(家庭の事情や経済状況)を書かなくてはならないことです。

この志望理由とは「進学するための学費や生活費が足りないこと」をアピールする文章のことを言います。

急に親から進学するための学費を払う余裕はないと言われたり、先生たちから奨学金を勧められたりすることもよくあると思います。

でも、いざ申請理由を書こうと思っても、具体的な理由が思い浮かばないという人も多いのではないかと思います。

そこでこの記事では、特に理由が思いつかない場合の奨学金の申請理由の例文や書き方を紹介しています。

スポンサーリンク

特に理由が思いつかない(親に勧められた)場合の例文

進学する場面になって急に親から奨学金の利用を勧められたような場合、奨学金の申請理由が特に思いつかないということがあります。

そのようなケースでは、両親の収入が少ないことを理由にするのがベターでしょう。

両親の収入が奨学金の家計基準(一般家庭ならほぼ基準内に収まる)より少なければ、それ(経済的な理由)を奨学金の申請理由とすることができます。

出典)第二種|日本学生支援機構

その他には、親に迷惑をかけたくないからとか、早く自立したい、大学からは自分のお金で行きなさいという教育方針だからなど、少し違う視点から申請理由を検討してみてもよいでしょう。

下記の記事に、奨学金申請の理由として使える家庭の事情の例をまとめておきましたので、まずはこの中から自分に当てはめることができそうな家庭の事情を見つけ出してみてはいかがでしょうか?

>>200字以内の奨学金申請理由の例文一覧はこちら

スポンサーリンク

奨学金申請理由の作文ポイント

奨学金の申請理由をかんたんに書き上げるポイントは、「奨学金の申請理由を4つのパーツに分ける」ということです。

  1. 「~という家庭の事情から苦しい経済状況にあります。」
  2. 「私は~への進学を希望しています。でも、~という理由から学費(または生活費)が足りないため、奨学金がなければ進学する(し続ける)ことができません。」
  3. 「そこで奨学金を借りることによって、希望する学校に進学したいと考えております。
  4. 「締めの一言」

このような感じで文章を細かく分けて分けて考えると、かんたんにオリジナルの申請理由を書き上げることができますので、作文の際の参考にしてみてください。

なお、無利子の第一種奨学金といった競争率の高いタイプの奨学金に申請する場合や、第二種奨学金でも大学毎に定員が定められている在学採用(大学進学後に奨学金を申し込む)などの場合、ネットなどに掲載されている申請理由をそのまま書き写してしまうと、それだけで審査担当者の印象が悪くなり、奨学金の申請が通らなくなってしまう可能性があります。

それらの奨学金に申し込む場合は、下記の記事も合わせて読んでおくことをおすすめします。

>>【奨学金の作文】ライバルに差をつける申請理由の書き方

是非参考にしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました