【奨学金申請の志望理由】母子家庭(片親、離婚)の場合の参考例文と書き方のポイント

奨学金の申請手続きを行う際に困ってしまうことといえば、奨学金を借りる志望動機(家庭の事情や経済状況)を書かなくてはならないことです。

この志望理由とは「進学するための学費や生活費が足りないこと」をアピールする文章のことを言います。

でも、いざ申請理由を書こうと思っても、具体的にどうやって書いていけばいいのかわからない人も多いと思います。

この記事では、奨学金の申請理由として「母子家庭や片親、離婚などで進学するための学費や生活費が足りない」という内容を考えている人向けに、申請理由の例文(200字以内)や作文の書き方のポイントなどを紹介しています。

スポンサーリンク

母子家庭、片親、離婚の場合に使える奨学金申請理由の参考例文

私は母と妹の3人家族の母子家庭で育ち、現在は母の収入のみで生活をしています。しかし、昨今の不況のおり、今後母の収入が減少してしまう恐れがあります。私は自分自身の将来の可能性を広げるために、大学進学を希望しているのですが、母にこれ以上の苦労をかけるのは心苦しく、また経済的にも進学費用を用意するのは困難な状況です。このような理由から貴機構の奨学金の利用を希望いたします。何卒よろしくお願い致します。(198文字)
アルバイトの母の収入で小学生の妹と県立高校に通う弟を含む家族5人で生活しています。私は薬学部を志望しており、薬学部のうち自宅通学が可能で、かつ、現在の選択科目で受験が可能な大学は私立大学になります。両親の収入が少ないため、私が来年度大学に進学した場合、学費を支払うことができる見込みがありません。そこで、第一種奨学金を借りることによって、学費の支払いをしたいと考えております。(188文字)
スポンサーリンク

母子家庭、片親、離婚の場合の作文ポイント

母子家庭の場合、収入が少ないため学費や一人暮らしで必要な生活費のための仕送りができません。

母子家庭は奨学金を申請する十分な理由となりますので、今のあなたが置かれている状況を素直に記載すればOKです。

なお、母子家庭で育った場合、日本学生支援機構の奨学金以外にも都道府県や市町村が実施している無利子で借りられる貸付がありますので、そちらも合わせて検討してみると良いでしょう。

>>母子家庭でも申込可能な3つの貸付奨学金と具体的な申込方法

奨学金の申請理由を作文するための4STEP

奨学金の申請理由をかんたんに書き上げるポイントは、「奨学金の申請理由を4つのパーツに分ける」ということです。

  1. 「~という家庭の事情から苦しい経済状況にあります。」
  2. 「私は~への進学を希望しています。でも、~という理由から学費(または生活費)が足りないため、奨学金がなければ進学する(し続ける)ことができません。」
  3. 「そこで奨学金を借りることによって、希望する学校に進学したいと考えております。
  4. 「締めの一言」

このような感じで文章を細かく分けて分けて考えると、かんたんにオリジナルの申請理由を書き上げることができますので、作文の際の参考にしてみてください。

>>200字以内の奨学金申請理由の例文一覧はこちら

なお、無利子の第一種奨学金といった競争率の高いタイプの奨学金に申請する場合や、第二種奨学金でも大学毎に定員が定められている在学採用(大学進学後に奨学金を申し込む)などの場合、ネットなどに掲載されている申請理由をそのまま書き写してしまうと、それだけで審査担当者の印象が悪くなり、奨学金の申請が通らなくなってしまう可能性があります。

それらの奨学金に申し込む場合は、下記の記事も合わせて読んでおくことをおすすめします。

>>【奨学金の作文】ライバルに差をつける申請理由の書き方

是非参考にしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました