返済不要の給付型奨学金(授業料免除)の具体的な探し方

大学・地方公共団体等が行う奨学金制度の検索結果 - JASSO 給付型奨学金

これまで奨学金といえば日本学生支援機構(育英会)に代表される貸与型の奨学金がほとんどでした。

貸与型の奨学金はいわゆる借金であり、卒業就職後、毎月決まった額だけ引落返済する必要があるものです。

それに対して給付型奨学金や授業料免除、特待生制度はほんとうの意味での奨学金であり、将来返済の必要のない奨学金となっています。

日本にはたくさんの給付型奨学金や各大学ごとの授業料免除制度が存在しているものの、それらを見つけ出す手段がなかったり、競争倍率が高かったりするため、給付型奨学金を受け取っている人の数は少ないのが現状です。

ただ、最近では日本学生支援機構にも給付型の奨学金制度が創設されたり、そういった給付型奨学金を一括検索できるシステムが無料で利用できるようになってきました。

また、そういった給付型の奨学金の中には日本学生支援機構の奨学金と併願できる(追加で申し込みできる)ものもあったりします。

今回はそんな給付型奨学金や授業料免除、特待生制度の具体的な探し方についてお話していきます。

スポンサーリンク

日本学生支援機構の給付型奨学金

給付型奨学金は、国が主導して行っている日本学生支援機構のものであるか、そうでないかによって検索方法が異なります。

まずは、平成29年に創設された日本学生支援機構の新しい給付型奨学金について紹介していきます。

対象者と条件

日本学生支援機構の給付型奨学金は、意欲と能力があるにもかかわらず、経済的事情により進学を諦めなければならない以下のような人の進学を後押しするための制度となっています。

  • 大学(学部)
  • 短期大学
  • 専修学校(専門課程)に進学する者
  • 高等専門学校3年次から4年次に進級する者

申込条件としては、住民税が非課税世帯や生活保護受給世帯など、経済状況に対する条件が比較的厳しいと言えます。

以下のア又はイのいずれかに該当する人
ア.住民税非課税世帯(市町村民税所得割額が0円)又は生活保護受給世帯の人であって、十分に満足できる高い学習成績を収めている人
イ.社会的養護を必要とする人(18歳時点で児童養護施設等に入所していた人、又は里親等のもとで養育されていた人)
※各高等学校等は、上記の内容を踏まえつつ、各高等学校等で策定した推薦基準を満たす者を日本学生支援機構に推薦することとしています。

平成30年度「給付奨学生」の採用状況について|日本学生支援機構

支給額

支給額については月額2~4万円程度と少なめです。

月額2~4万円(国公私立、自宅・自宅外通学の別により異なります)
・(1)のイに該当する場合は、別途一時金として初回振込時に24万円を支給。
・国立の大学等で授業料の全額免除を受ける人は、支給月額が減額されます。

引用) 平成30年度「給付奨学生」の採用状況について|日本学生支援機構

ただし、同機構の貸与型の奨学金(第一種、第二種など)と併用も可能ですので、それも視野に入れて検討したほうがいいでしょう。

Q9 貸与奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金・入学時特別増額貸与奨学金)と 一緒に申し込むことはできますか。
A9 貸与奨学金と一緒に申し込めます。 ただし、第一種奨学金と給付奨学金を一緒に受ける場合、第一種奨学金の貸 与月額が制限されますのでご注意ください。⇒ 第一種奨学金貸与月額

引用)給付奨学金に関するQ&A|日本学生支援機構

採用実績

給付型奨学金の採用実績は、以下の通りとなります。

平成30年度「給付奨学生」の採用状況について - JASSO

出典)平成30年度「給付奨学生」の採用状況について|日本学生支援機構

ここで着目したいのは、学内選考で選ばれた人の多くが給付型奨学金を受け取ることができているという点です。

このたび、日本学生支援機構では、平成30年度に大学等に進学(進級)した者について、以下のとおり、給付奨学生として18,566人を採用決定しましたので、お知らせします。
なお、これら給付奨学生の申請受付及び選考は、平成29年度中に高等学校等を通じて実施し、採用候補者として21,139人を決定しています。このたびは、採用候補者のうち、大学等に進学して所定の手続きが終了した者の全員を給付奨学生として採用しています。

出典)平成30年度「給付奨学生」の採用状況について|日本学生支援機構

このような感じで、日本学生支援機構の給付型奨学金は上記の条件に当てはまるような経済的にかなり苦しい状況にあり、それが理由で進学を断念せざるを得ない人であれば、少額ではあるものの返済不要の給付型奨学金を受け取ることができるという内容になっています。

条件に当てはまる場合は、一度申請を検討してみるといいでしょう。

>>奨学金の制度(給付型)|日本学生支援機構

なお、この他にも海外留学者に対して給付される奨学金(月額6~10万円、一時金有り)もありますので、海外留学を検討している方はこちらを参考にしてみるといいでしょう。

>>海外留学支援制度(協定派遣)|日本学生支援機構

スポンサーリンク

大学や民間の給付型奨学金(1600種類以上)の検索方法

日本学生支援機構以外にも、大学や民間団体などが運営する給付型の奨学金(授業料免除なども含む)が 1600種類以上もあります。

これまではそういった奨学金に関する情報を手に入れるのが難しかったのですが、数年前から日本学生支援機構が民間の給付型奨学金を一括検索できる無料のWEBサービスを提供してくれるようになりました。

>>大学・地方公共団体等が行う奨学金制度|日本学生支援機構

大学・地方公共団体等が行う奨学金制度 - JASSO

出典)大学・地方公共団体等が行う奨学金制度|日本学生支援機構

この一括検索システムを使えば、授業料免除を含む給付型奨学金を検索することができます。

例えば、以下のような条件で検索してみると、下記のような検索結果を得ることができます。

  • 地域;愛知県
  • 学校の種類;私立
  • 対象の課程;大学
  • 対象の専攻分野;工学
  • 制度の種類;奨学金
  • 奨学金の給付・貸与の種別;給付
  • 申込時期;✕(無選択)

大学・地方公共団体等が行う奨学金制度の検索結果 - JASSO

出典)大学・地方公共団体等が行う奨学金制度検索結果|日本学生支援機構

こんな感じで簡単な操作で給付型奨学金を絞り込むことができ、ここに表示されている学校名などをクリックすると、詳細な制度の内容や申込条件、申込先などまで確認することができます。

大学・地方公共団体等が行う奨学金制度詳細結果 - JASSO

出典)大学・地方公共団体等が行う奨学金制度検索結果|日本学生支援機構

パソコン環境からでないと見にくく、スマホからでは操作しにくいのが難点ですが、このシステムを使えば国内にあるほとんどの給付型奨学金や授業料免除制度、特待生制度などを無料で一括検索することができます。

WEB上にはたくさんの奨学金の一覧リストや検索サービスなどがありますが、上記は日本学生支援機構という大きな組織が管理しているシステムですので信頼できますし、たくさんの団体が登録しています。

また、ログインやメール登録したりせず利用できるため個人情報の流出の心配もありません。

給付型奨学金や授業料免除などの返済不要の学資金を検討している場合は一度このシステムを使ってみて、どんなものがあるのか確認してみましょう。

その中で興味のある(受かる可能性のある)奨学金制度が見つかった場合、問い合わせ先に詳細な内容(日本学生支援機構の奨学金を借りている場合、併願できるかなど)について確認してみるのもいいと思います。

最後に一言

今回は、返済不要の給付型奨学金(授業料免除)の具体的な探し方についてお話しました。

少しづつではありますが、日本でも給付型奨学金を受け取れる環境が整ってきました。

まだ少し狭き門のイメージはありますが、チャレンジなしに状況を改善することはできませんので、頑張って挑戦してみてはいかがですか?

それでは!

タイトルとURLをコピーしました