返済不要の給付型奨学金に合格するための5つのポイント

【ポイントその5】行動すべし!

多くの場合、この記事を読んだ後、「○○××△△(できない理由)だし、自分にはできないだろう・・・」という感じで、スタートをきることもなく終わってしまうのではないでしょうか。

当たり前のことですが、給付型奨学金を受け取るためには給付型奨学金を受け取れるように、やらなければならないことをやっていく必要があります。

学校の先生に問い合わせてみるとか、資料請求してみるとか、どんな簡単なことでもいいので次の行動に移していきましょう。

行動していくと、新たな課題が見えてくるので、それを一つ一つ解決していく。

それをひたすら繰り返していけば、最終的には給付型奨学金に合格できるはずです。

自分の可能性を信じきれてない人に投資をしてくれる人や組織はいないでしょう。

まずは自分の可能性を、「給付型奨学金に合格できるはずだ!」という可能性を信じ切り、その目標に向かって全力で取り組んでみてください。

その結果、あなたの可能性が認められれば給付型奨学金がもらえるでしょうし、認められなければ給付型奨学金はもらえません。

仮に結果、給付型奨学金がもらえなかったとしたら、「ここが悪かったから、次はここを考え直して挑もう!」とすればOK。

日本学生支援機構などの奨学金と併願可能な給付型の奨学金も多数ありますので、まずはそういったところから狙っていってもいいかもしれませんね。

一度失敗したからといってやめてしまうのではなく、その結果を踏まえて2度、3度と挑戦していきましょう。

そんなあなたが全力で挑戦している姿が審査員の心を動かすかもしれませんよ。

ちなみに、給付型奨学金は日本学生支援機構のこちらのページで検索することができます。

>>大学・地方公共団体等が行う奨学金制度|日本学生支援機構

最後に一言

今回は、返済不要の給付型奨学金に合格するための5つのポイントについてお話しました。

給付型奨学金を受け取るということは、決して簡単なことではありません。

ただ、「なんとなく無理そうだから・・・」といって給付型奨学金をあきらめてしまうという選択は、「みんなと同じように貸与型の奨学金を借り、大学卒業後に数百万円の借金を抱えたまま社会の荒波に呑まれる覚悟がある」ということとほぼ同じ意味だと考えてみてください。

今目の前に見えている給付型奨学金を”あきらめる”と言うことは、それぐらい大きな決断をしていると認識しておきましょう。

これからあなたが人生をよりすばらしいものにしていくのは、他の誰でもないあなた自身です。

あなたがどう決断して、どう行動していくか。

その結果があなたの人生を大きく動かしていきます。

給付型奨学金に挑戦するかどうか・・・。

一度ゆっくりと考えてみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク

4ページ目(全4ページ中)