【奨学金継続願】理由例文からスカラネット手続き方法まとめ

日本学生支援機構で奨学金を借りた場合、毎年12~1月頃に学校を通じて「貸与額通知書」が送られてきますので、学校に指定された締め切り(1月末ごろ)までにスカラネット・パーソナルで貸与額通知書に載っているIDとパスワードを使って「奨学金継続願」を提出する必要があります。

この奨学金の継続願の提出は、奨学金を借りている全員が行わなければならないもので、もしこの継続願を提出しなかった場合、来年4月以降の奨学金が「廃止」になってしまいます。

奨学金がなければ学生生活が続けられないという状況にある学生にとって、この奨学金継続願はこれからの大学生活を左右するほど重要な意味を持っていますので、継続願がちゃんと受理されたかどうかまで、自分でしっかりと確認していくことが大切です。

そこで今回は、日本学生支援機構の奨学金継続願について、下書き用紙の記入からスカラネットパーソナルを使った提出方法、そして提出結果の確認方法まで、ステップごとに詳しくお話ししていきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)
当サイトはリンクフリーです。SNSなどでのシェアや、ブログなどでの文章や画像も引用OK(引用元明記いただければ連絡不要)ですので、ご自由にどうぞ。