日本学生支援機構の奨学金を返済免除する3つの方法

奨学金の返済が免除される3つのパターン

さっそく、日本学生支援機構の奨学金の返還を免除することができる3つのパターンについて、詳しく説明していきますね。

【返済免除のパターンその1】死亡又は精神若しくは身体の障害

まず一つ目は、本人が死亡し返還ができなくなったときや、精神若しくは身体の障害により労働能力を喪失、又は労働能力に高度の制限を有し、返還ができなくなったときに、奨学金返還免除願などの書類を提出すれば、借りていた奨学金の返還を全額または一部免除してもらえます。

具体的には、まず日本学生支援機構に問合せをすると奨学金返還免除願などの書類を送ってもらえます。

その書類に記入し、必要な公的証書など(HPに記載有)を添付して送り返すことで日本学生支援機構で審査が行われ、その後、審査結果が通知されます。

詳しいことを知りたい方は、こちらの日本学生支援機構のHPをご覧ください。

>>死亡又は精神若しくは身体の障害による返還免除|日本学生支援機構

【返済免除のパターンその2】返還特別免除(全額)

大学院で日本学生支援機構の第一種奨学金を借りていた奨学生が、政令に定められた教育又は研究の職に就いた場合に適用されるのが返還特別免除です。

たとえば、大学院を卒業後、

  1. 小・中・高校などの常勤の先生
  2. 高等専門学校の常勤の先生
  3. 大学の助手以上の職や常勤講師
  4. 少年院で勉強を教える職
  5. 文部科学大臣の指定の試験所などで教育又は研究を行う職

これらの職に就くと、返還特別免除に当てはまる可能性があります。

具体的には、大学院に2年以上在学、その後大学院を修了後2年以内に免除職に就職、そして先ほどの免除職に通算して15年間在職するとこの返還特別免除(全額免除)を受けることが出来ます。

手続きの方法は、大学院を修了後1ヶ月以内に返還特別免除のてびきに入っている「奨学金返還特別猶予願」を提出し、就職後2年以内に「職就職届」、そして全額免除に必要な15年の在職期間に達したときに「奨学金返還特別免除願」を提出すればOK。

もし途中で免除職を退職したりした場合は、普通の奨学生と同じように、その時点から奨学金の返還が始ります。

上記の職に就く可能性がある場合は、日本学生支援機構のHPで詳細について確認しておきましょう。

>>教育又は研究の職に係る返還免除(廃止)|日本学生支援機構

※注意、この制度の対象となる人は、平成15年度(2004年3月31日)以前に大学院の第一種奨学生に採用となり、奨学金の貸与を受けた方となっており、現在奨学金を貸与されている方は対象外となります。

【返済免除のパターンその3】特に優れた学業による返済免除(全額、半額)

大学院において第一種奨学金の貸与を受けている奨学生が、在学中に特に優れた業績をあげたときに適用されます。

返済免除額は全額と半額の2種類で、奨学生全体の約2割(推定)が全額または半額免除となります。

私はこの奨学金返還特別猶予願で、奨学金を半額免除にする事が出来ました。

特に優れた学業による返済免除とは?

まず、奨学金の返済免除という制度がどうして存在しているのかというと、日本学生支援機構(育英会)はこのように説明しています。

大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者として本機構が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全部または一部の返還が免除される制度です。

引用)日本学生支援機構ホームページ

簡単に言うと、日本学生支援機構の第一種奨学金を借りている学生で、学内や学外ですぐれた実績をあげれば、奨学金を返さなくていいですよ~って話です。

奨学金を借りている生徒にとっては、学業に励むモチベーションになりますし、日本学生支援機構としても奨学金を借りている学生が世間に認められる結果を残してくれれば、奨学金制度が役に立っていることの証明にもなります。

つまり、奨学生にとっても、日本学生支援機構にとってもWIN・WINな制度なのです。

ただ、私はこの制度のことを、最初から知っていたわけではなくて、返済免除の締め切り間際のところでたまたま友達から教えてもらいました。

もっと大々的にこの返済免除の制度についてちゃんと説明していてくれれば・・・

と思いましたけど、私がこの返済免除(半額)に通ったのは、この制度のことを知っている人が少なかったからということもありますが(苦笑)

逆に言うと、早い段階から奨学金の返済免除も視野に入れて、学業に励んだりすれば全額免除も夢ではありませんよ。

返済免除の申込み時期

日本学生支援機構の返済免除の申込み時期は、大学院を卒業する年末から年度末にかけて、各大学の総務で募集されます。

例えば、私が通っていた三重大学の場合は、年始にこの返還免除に関する書類が総務掲示板にひっそりと張り出されいました。

奨学金の返済免除への申込みのお知らせは個別に送られてくるようなものではありませんので、大学院を卒業する年度の年末・年始は総務の掲示板に注意して、奨学金免除のチャンスを逃さないようにしておきましょう。

返済免除の合格枠

気になるのは、奨学金返済免除の合格枠がどれぐらいあるのかということです。

色々と調査したところ・・・

  • 大学、そして各学科ごとに返済免除の枠が決まっている
  • 返済免除となる割合(全額+半額)は、奨学金を借りている人のうちの2割程度

という感じです。

ということは、奨学生のうち5人に1人が返済免除の可能性があるということ。

周りの奨学生を見渡してみて、あなたが成績優秀な方であるならば、奨学金の返済免除を意識した方がいいと思います。

スポンサーリンク

2ページ目(全3ページ中)
スポンサーリンク