【奨学金返済ストップ】返還期限猶予願の申請手順と書き方例文まとめ

奨学金が返せない場合に利用できる返還期限猶予。日本学生支援機構の正式な制度で、月々の返済(口座からの引落)を一時的にストップすることが可能。災害、傷病、経済困難、失業などが申請理由となり、申請理由の例文や申請書の実例も紹介。

奨学金の毎月の返済(口座からの引落)を一時的に止める(猶予してもらう)ことが出来る「返還期限猶予」という制度をご存知でしょうか?

私の場合は、独立するにあたって一時的に収入が減ってしまったので、この制度に申し込みをして、約3年間、実際に奨学金の月々の返済を一時的に止めてもらったことがあります。

借金の返済を待ってもらうというとちょっと気が引けてしまいますが、この返還期限猶予は日本学生支援機構の正式な制度なので、この制度を活用する事によって個人の信用情報に傷がついたり(ブラックリストに名前が載るなど)、電話などでの奨学金返済の督促が来ることもなくなります。

今回は、そんな奨学金の月々の返済を一時的に止める返還期限猶予申請の具体的な方法や、申請理由の書き方と例文、申請から実際に返済額が止まるまでの流れについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

1ページ目(全4ページ中)
スポンサーリンク