知らないうちに奨学金が停止になってしまう3つのパターン(進学届、継続願、成績不振)

【パターンその1】進学届の提出忘れ(4月下旬)

日本学生支援機構の奨学金に高校生の段階で申し込む予約採用の場合、大学に進学後の4月下旬頃までに、日本学生支援機構に進学届を提出(スカラネット)する必要があります。

奨学金予約採用の進学届

出典)平成 28 年度大学等奨学生採用候補者の皆さんへ|日本学生支援機構

予約採用の場合、奨学金の合格通知を受け取ってから、受験や入学手続き、引越しなどイベントがたくさん続くことと、「奨学金に合格した!」という安心感から、大学に入学後すぐに出さなければならない進学届(だいたい4月中旬~下旬が〆切のところが多い)があったことを忘れる人がたくさんいます。

しかも、この進学届は提出しないと、奨学生としての資格を剥奪されてしまうというとても重要なものなのです。

(注)進学届を提出しないと奨学生として採用されません。

出典)平成 28 年度大学等奨学生採用候補者の皆さんへ|日本学生支援機構

もし、この記事を読んで「あぁ・・・、進学届を出すの忘れてた・・・。」という場合は、すぐに大学総務にある奨学金担当窓口にその旨を伝えてください。

多くの大学では、1ヶ月程度は執行猶予期間を設けている場合があります(大学内部での手続き作業などのため)ので、運がよければ滑り込みで手続きをすることができる可能性が残っています。

進学届を提出することができました!
本来ならアウトのようですが、今回は期限の延長がされていました。
運が良かったです。

引用)支援機構奨学金の進学届提出期限|Yahoo知恵袋

専門学校で奨学金の担当をしています。

進学届けの提出には、何回か期限があります。
4月下旬までのものは5月からの振込み開始ですが、それを過ぎても次の期限に間に合えば、1ヶ月遅れで確定はできます。
ただ、全体の把握が必要なので、奨学金担当者に入力を忘れていたことを連絡し、次の期限を確認してください。

引用)支援機構奨学金の進学届提出期限|Yahoo知恵袋

ちなみに、既に約1ヶ月の執行猶予期間を過ぎてしまっている場合は、直近の学費や生活費の支払いをどのように補うのかということを考えつつ、毎年秋頃にある日本学生支援機構の臨時採用に申し込むことを考えておきましょう。

日本学生支援機構奨学金「臨時採用」の追加受付について(第二種奨学金のみ)|神奈川大学

出典)日本学生支援機構奨学金「臨時採用」の追加受付について(第二種奨学金のみ)|神奈川大学

【パターンその2】奨学金継続願が未提出

日本学生支援機構の奨学金は最初の申し込みさえ済ませれば大学を卒業するまでずっと奨学金を受け取り続けられると思ってしまいがちですが、実はそれは間違いです。

毎年年末12~2月頃に提出する「奨学金継続願」を提出しなければ、来年度の奨学金は受け取れなくなってしまいます。

具体的には、12~2月頃に学校を通じて「貸与額通知書」が送られてきます。

その後、2月末ごろまでにスカラネット・パーソナルで貸与額通知書に載っているIDとパスワードを使って「奨学金継続願」を提出するという流れなので、その時期に届く奨学金関係の書類にはしっかりと目を通しておきましょう。

もし既に〆切が過ぎている場合は、とにかく急いで大学の奨学金窓口に行って事業を説明し、自分にはどのような選択肢が残されているのか確認してくださいね。

続いては、日本学生支援機構の奨学金が停止されてしまうパターンその3についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 3ページ中

スポンサーリンク