【必読】奨学金を滞納した場合に取るべき3つの行動

奨学金を滞納してしまうとどうなるか?

まずは日本学生支援機構で借りた奨学金が返せなくなったら(延滞してしまったら)どうなるのかについて、まとめておきます。

滞納3カ月で個人信用情報機関のブラックリストに載せられ、9カ月で法的処理、滞納に105%の延滞金が課される

引用 奨学金 無慈悲取り立て追及

電話による督促は、
(1)本機構職員の他に、業務を委託した債権回収会社からも行う場合があります。
(2)電話をする時間帯は、平日、休日ともに9時~21時です。
(3)本人の勤務先に電話する場合もあります。

●連帯保証人・保証人への請求
延滞すると、連帯保証人や保証人へ請求書が送付されることになります。

引用 延滞した場合|日本学生支援機構

年収100万円の男性が元本163万円と延滞利息152万円の計315万円の支払いを求めて訴えられた。

月収20万円の男性が元本100万円と利息・延滞金60万円の計160万円を一括で返済するよう支払督促を起こされた。

裁判になったが160万円を一括で払えという判決が下された。

引用 奨学金「取り立て」ビジネスの残酷

年収130万円の男性に延滞利息含め年間60万円の支払いを要求。

引用 奨学金無利子拡大ぜひ

高校、大学時代に借りた奨学金を返還できないとして、北九州市小倉北区のフリーターの男性(40)が福岡地裁小倉支部で自己破産の手続き開始決定を受けたことが分かった。男性には延滞金を含めて約283万円の返還義務があるが、「奨学金のために消費者金融などで借金しても返せない。そもそも多額の金を貸してくれない」と説明。識者は、非正規雇用などで若者の貧困が拡大すれば、今回のように奨学金返還のみでの自己破産申請が増える可能性を指摘している。

引用 北九州市40歳フリーター男性の自己破産で改めて考えてみた、奨学金の問題点。 ‐ 本田康博

このように、奨学金を滞納してしまうと、思っている以上の結末を迎えてしまう場合があります。

ですが、「奨学金を滞納してしまうかも・・・」、または「奨学金を滞納してしまった・・・」とそう思った(気が付いた)瞬間に、できるだけ迅速に解決に向けた行動を取ることができれば、奨学金の返済負担を軽くする事が出来きます。

これは完全に「あなたが行動するかどうか?」によって結果が左右されることですので、調査検討するだけではなく、それを参考にしながら行動することが最も大切なことであるということをしっかりと認識しておきましょう。

続いては、奨学金を滞納してしまったときに取るべき行動について、その具体的な内容について詳しく説明していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 4ページ中

スポンサーリンク