【必読】奨学金を滞納した場合に取るべき3つの行動

奨学金を滞納してしまった・・・

一度滞納をし始めてしまうと、もう八方塞で、何をやってもこの状況を改善することができないと感じてしまいがちですが、実際のところそんなことはありません。

というのも、日本学生支援機構には年収が基準額(約300万円)を下回る人に対して、奨学金の月々の返済を最大10年間ストップすることができる返還期限猶予願などの制度が設けられています。

それを利用することができれば、例えば毎月4万円の奨学金の返済がある場合・・・

4万円×12ヶ月×10年=480万円

という金額の返済を先延ばしすることができます。

ただし、奨学金を滞納している場合、この制度を利用するためにはいくつかのポイントを知り、戦略的に行動する必要があります。

そこで今回は、その奨学金を滞納してしまったときに取るべき3つの行動について、詳しくお話します。

なお、すでに奨学金で自己破産をするしかないと考えている人には、こちらの記事が参考になると思います。

>>【必読】奨学金で自己破産する前に取るべき3つの行動

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 4ページ中

スポンサーリンク