【保存版】奨学金の増額申請の方法と申請理由の例文まとめ

日本学生支援機構奨学金は第二種のみ増額(月額変更)可能。機関保証の場合、「第二種奨学金貸与月額変更願」の提出で、翌月~翌々月から増額。人的補償の場合のみ連帯保証人や保証人の書類が必要。具体的な増額申請の方法を解説。

1人暮らしをはじめてみると思っていた以上にお金が必要だったり、家庭の事情で仕送りが減ってしまったり、研究室に入ってバイトができる時間が減ってしまったりなど、どうしても今借りている奨学金の月々受け取ることができる額を増額しなければならないことがあると思います。

ですが、一番初めの奨学金の申し込みがとても面倒(たくさんの書類を提出したり、保証人を探したりなど・・・)だったことから、奨学金を増額したいと思っても実際に増額申請を出すというステップまで辿りつく人は少ないのではないでしょうか?

ただ、意外に知られていないことですが、日本学生支援機構の奨学金の場合、「第二種奨学金貸与月額変更願」という書類で増額の申請を行うだけで奨学金の月額貸与額を増やすことができます。

第二種奨学金は、必要が生じたときに月額の変更(増・減額)ができます。

ただし、学生生活上継続して必要とする場合に限ります。

短期間に増額や減額を繰り返すことや、一時的な理由によるものは認められません。

引用)月額変更|JASSO

なお、貸与月額は最大で12万円までとなっています。

%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e7%a8%ae%e5%a5%a8%e5%ad%a6%e9%87%91%e3%81%ae%e5%a2%97%e9%a1%8d%e4%be%8b

出典)第二種(利息が付くタイプ)|日本学生支援機構

今回は、この奨学金の増額申請書類の書き方から、申請理由の例文まで詳しく紹介していきます。

>>奨学金申請理由の書き方と参考例文まとめ

>>【必読】奨学金で自己破産する前に取るべき3つの行動

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)
スポンサーリンク