【保存版】奨学金の申請理由(家庭事情、経済状況)の例文まとめ

【例文9】大学への進学に対して家計は厳しいが自分の夢を叶えたい

私の家庭は単身赴任の父と専業主婦の母、来年高校に進学する予定の弟、小学生の弟の5人家族です。父の収入は長引く不況のために低迷している状況にあり、また病気持ちの次男と痴呆のある祖父の介護をするために、母は働きに出ることができません。家計が厳しいため塾や予備校に行かず、独学で国家公務員を目指して勉強しています。この私の夢をかなえるためにも、ぜひとも貴機構の奨学金の貸与をお願いします。

(191文字)

>>申請理由一覧に戻る


【例文10】親と死別し祖父母に育てられたため自立したい

私の生母は7歳の頃に亡くなり、私は母が亡くなってから高校三年生まで母方の祖父母に育てられ、父とは別居しています。しかし、父は継母と再婚し、新しく子ができたため、今後父からの援助は望めません。私は夢である弁護士になるため、大学に進学して学業に専念し、良い成績を修めて卒業していきたいと考えていますので、貴機構の奨学金を利用することによって学業に専念していきたいと考えています。何卒、宜しくお願いします。

(200文字)

>>申請理由一覧に戻る

次のページでは、奨学金の理由の例文11~12についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 6 / 7ページ中

スポンサーリンク