【保存版】奨学金の申請理由(家庭事情、経済状況)の例文まとめ

【例文1】家族の介護で共働きでなくなるため収入が減る

私の父は58歳で自営業をしていますが収入が不安定な状況で、保育士である母は祖父母の介護のため、来年の春で退職する予定です。家族の収入が減少するため、今後、一人暮らしの私に仕送りできる金額は月8万円が限界の見込みです。このままでは、年間150万円以上かかる学費や生活費をまかなうことができないため、大学を卒業できる見通しが立ちません。そこで私は貴機構の奨学金により学費等を工面したいと考えています。

(198文字)

>>申請理由一覧に戻る


【例文2】兄弟が私立高校に進学するため支出が増える

私の家は家族6人で父母の所得での進学が難しい状況にあります。そんな中、私以外にも妹が来年私立高校の受験を控えており、出費が増えてしまう予定です。自分の将来を考え○○について進学して勉強をしたいのですが、家族に負担を掛けず自分だけで学費を賄う事に無理があります。そこで、奨学金を借りたいと考えています。

(150文字)

>>申請理由一覧に戻る

次のページでは、奨学金の例文3~4について紹介していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 7ページ中

スポンサーリンク