【保存版】奨学金の申請理由(家庭事情、経済状況)の例文まとめ

日本学生支援機構などの奨学金の申請したり、大学の授業料免除の申請書を書いているときに困ってしまうのが、申請理由(経済状況、家庭事情など)というところではないでしょうか?

私も無利子の第一種奨学金を初めて申請したときは、いったいどのように奨学金の申請理由を書けばいいのか、さっぱり分かりませんでした。

でも安心してください。

今回は、私が日本学生支援機構の奨学金を申請したときに参考にした申請理由の例文(200字以内)を家庭事情別にまとめておきましたので、まずはこれらの例文をさ~っといくつか眺めてみて、奨学金や授業料免除の申請理由とは一体どのようなものなのかということを頭に入れることから始めていきましょう。

申請理由一覧

家族の介護兄弟の進学授業料が高い私立大学を志望学業専念のためアルバイトができない母子家庭父親が単身赴任自力での進学を希望夢を叶えたい自立したい親の収入が減る見込み仕送りが足りない自宅外で通学時間が長いためアルバイトができない留学

ちなみに、「奨学金の理由の書き方が全然分からないから一から教えてほしい・・・。」とか、「無利子の第一種奨学金など、競争率が高い奨学金に申請するので、もっと詳しい奨学金申請理由の書き方を教えてほしい!」という人は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

>>ライバルに差をつける奨学金の理由の5つの書き方

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 7ページ中