【奨学金の作文】ライバルに差をつける申請理由の書き方

奨学金や授業料免除の申請理由の作文のポイントは、「親ではなく学生本人が進学するために必要な学費や生活費が足りないという家庭の事情を簡潔に書く」ということ。ライバルに差をつける作文ポイントを徹底解説。

奨学金(授業料免除)の申請理由(家庭の事情、経済状況)を書かなければならないのだけけど、

  • いったい何を書いていけばいいのか分からない・・・
  • 申請理由を200字にまとめるのが難しい・・・

そうですよね。

私も初めて奨学金を申請しようとしたとき、どうやって家庭の事情の欄を書けばよいのか分からず、苦労した記憶があります。

そんな私が、実際に日本学生支援機構の無利子の第一種奨学金と有利子の第二種奨学金の併願申請に合格した時に使った申請理由がこちらです。

私の父は58歳で自営業をしていますが収入が不安定な状況で、保育士である母は祖父母の介護のため、来年の春で退職する予定です。家族の収入が減少するため、今後、一人暮らしの私に仕送りできる金額は月8万円が限界の見込みです。このままでは、年間150万円以上かかる学費や生活費をまかなうことができないため、大学を卒業できる見通しが立ちません。そこで私は貴機構の奨学金により学費等を工面したいと考えています。(198文字)

引用)【奨学金の申請理由】200字以内の例文と書き方のポイントを解説|奨学金マニア

奨学金の申請理由を書く時のポイントは、「親ではなく奨学生本人が本当のことを200字で簡潔に書くこと」です。

つまり、

  • 「・・・という経済的な家庭事情がある。」
  • 「よって、学費・生活費が足りず、このままでは、無事に卒業できそうにない。」
  • 「だから、奨学金が必要である」

という流れで奨学金の理由を作っていくと、簡潔でわかりやすい申請理由が出来上がります。

この記事では、簡単なステップを一つづつこなしていくだけで、ライバルに差がつく奨学金の申請理由を完成させる具体的な方法から、奨学金の理由を作文するにあたってよくある質問Q&Aについてお話していきます。

なお、奨学金の書き方についてはこちらの記事も参考になると思いますので、ご参考まで。

>>奨学金申請理由の参考例文まとめ

>>スカラネットの下書きや入力に役立つ情報まとめ

スポンサーリンク

1ページ目(全5ページ中)

スポンサーリンク