奨学金の継続願を忘れてしまった時の4つの対処法

奨学金継続願に関するルール

日本学生支援機構のHPで、奨学金の継続願のところを詳しく読んでみると・・・

<現在、奨学金を受けている方へ>
学校から「貸与額通知書」等を受け取り、「奨学金継続願」の提出(入力)を忘れずに行なってください。
※「貸与額通知書」は、12月又は1月に、学校から配付されます。
※今年度3月に満期予定の方(最終学年の方・緊急採用(第一種)奨学金の方)、今年度11月以降採用された方等は、「奨学金継続願」の提出対象者ではありません。

「適格認定」とは・・・
学業を続けていくために、奨学金が継続して必要か否かをあなた自身が判断して、引き続き奨学金の貸与を希望する方は、毎年1回「奨学金継続願」を提出します。提出は、インターネットにより行ないます。
学校は提出された「奨学金継続願」の入力内容を、「奨学生の適格認定に関する施行細則」第3条により、以下の点について厳格に審査し、奨学金継続の可否を認定し、本機構に報告します。
(1) 人物について・・・生活全般を通じて態度・行動が奨学生にふさわしく、奨学金の貸与には返還義務が伴うことを自覚し、かつ、将来良識ある社会人として活躍できる見込があること。
(2) 健康について・・・今後とも引き続き修学に耐えうるものと認められること。
(3) 学業について・・・修業年限で確実に卒業又は修了できる見込があること。
(4) 経済状況について・・・修学を継続するため、引き続き奨学金の貸与が必要であると認められること。

なお、学校が定める提出(入力)期限までに「奨学金継続願」の提出(入力)がない場合は、継続する意思がないと判断され適格認定は「廃止」となり、奨学生としての資格を失います。

出典 「奨学金継続願」の提出(入力)手続きについて|日本学生支援機構


ということで、奨学金の継続願を提出し忘れた場合、4月以降は今までどおり奨学金を受取ることは出来ないと考えましょう。

ただ、ケースバイケースですが、稀に奨学金の継続願いを提出し忘れてしまっても、あることをすれば引き続き奨学金を受取ることが出来る場合もあります。

続いては、奨学金の継続願を出し忘れてしまったときの4つの対処法について、お話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 3ページ中

スポンサーリンク