【保存版】奨学金継続願の書き方の6つのポイント

6.奨学金継続願の結果の確認

奨学金継続願を提出すれば、よほどの理由がない限り継続される場合がほとんどですので、引き続き「奨学生」として認められた場合、処置通知などのはがきが届くことはありません。

処置通知は、継続願の審査結果が「継続」以外の場合(廃止、停止、警告、激励)に送られてきます。

廃止、停止、警告、激励などの処置を受けた場合にどうなるのかについては、こちらの記事をご覧ください。

知らないうちに奨学金が停止になってしまう2つのパターン

では、審査結果が「継続」の場合、その結果をどうやって確認するかというと、今までどおり4月中旬に4月分の奨学金が振り込まれたのが確認できればそれでOK。

大学によっては年度初めの奨学金が4月分と5月分を合わせて5月中旬に振り込まれる場合もありますので、その場合は、日本学生支援季候のホームページか、または大学の奨学課などに確認してください。

奨学金の振込予定日|日本学生支援機構

よくある質問Q&A

奨学金の継続願のよくある質問に対するQ&Aを掲載しておきます。

Q;奨学金継続願を提出(入力完了)した後、間違いに気がついてしまったのですが、修正や訂正をすることはできるのでしょうか?

基本的にはスカラネット・パーソナルで継続願を提出した後に、提出した内容の訂正または修正を奨学生自身で行うことはできないと思います。

ですが、その間違いの内容が奨学金の継続に際して重大な影響を及ぼすような場合、各学校の奨学金担当窓口に行って、担当者にその旨を伝えることが先決です。

修正や訂正ができるかどうかはその担当者、または担当部署が判断することです。

しっかりと事情を説明して、誠心誠意、訂正してもらえるようお願いしてみてくださいね。

Q;継続願をするためのスカラネットのログインIDやパスワードが分からなくて(日本学生支援機構から届いた封書をなくしたなど)困っている

日本学生支援機構の奨学金を受け続けるためには、スカラネットパーソナルで継続願を出す必要がありますが、以前日本学生支援機構から届いた封書や書類などをなくしてしまった場合、スカラネットパーソナルのユーザーIDやパスワードが分からなくて困ってしまいます。

そのような場合は、まず、各大学の奨学金担当窓口の担当者に相談してみてください。

この窓口の担当者に相談するという方法は、これまでにあなたと同じようなトラブルに陥った人が過去にもいて、その時にいい解決策を見つけているかもしれませんし、その他にも、日本学生支援機構に直接問い合わせてみてくれるなど、何らかの解決策を提案してくれるはずです。

ですので、まずは各学校の奨学金担当窓口の人に相談してみてください。

ちなみに、今回のケース(スカラネットパーソナルでの継続願)の場合、ユーザーIDやパスワードがわかっていなくても、「奨学生番号」と奨学金が振り込まれている「口座番号」が分かれば、以下の「新規登録」や「ユーザーID・パスワードを忘れた場合」というところから発行することができますので、参考まで。

スカラネットパーソナルのログイン画面

出典)スカラネットパーソナル-ログイン|日本学生支援機構

最後に一言

今回は、奨学金継続願の書き方の6つのポイントについてお話ししました。

この記事を読んでいただければ分かっていただける通り、奨学金の継続願いはよほどの理由が無い限り、そのまま受理されます。

ただ、適当なことを書いていると万が一ということもありますので、そつなくこなしておきましょう。

それでは!

スポンサーリンク

表示中の記事: 4 / 4ページ中

スポンサーリンク