【負担軽減】奨学金の返済が始まる前にやっておくべきこと

奨学金の返済総額を減らす方法。返済が苦しい場合、奨学金の月々の返済額を半額にしたり、返済そのものを一時的にストップしたりする方法も。奨学金の返済が始まる前に一度確認しておきましょう。

大学を卒業したら、これまで借りていた奨学金の返済が始ります。

ただ、大学を卒業してからすぐに「あること」をしておけば、第二種(有利子)奨学金の返済の負担を大幅に軽減する事ができます。

それは単に「繰り上げ返済をして金利分を返金してもらう」という方法ではありません。

繰り上げ返済は手元にお金が十分にある人が行う方法であり、この記事で紹介する方法は、手元に余りお金がない人でも繰上げ返済と同等、またはそれ以上のメリットを得る方法です。

今回は、そんな奨学金の返済の負担を軽くするためにやっておきたい5つのことについてお話します。

少々長い記事になっていますが、この記事を読み終わる頃には奨学金の返済負担を軽くする具体的な方法を知ることが出来ますので、最後までお付き合いくださいね。

なお、奨学金の返済に関して、こちらの記事も参考になると思います。

>>奨学金の返済を一時的にストップさせる返還期限猶予願の申請方法と理由の書き方

>>奨学金の月々の返済額を半分にする減額返還の申請方法と理由の書き方

>>第二種奨学金を無利子で返済するための3ステップ

スポンサーリンク

1ページ目(全3ページ中)

スポンサーリンク