多額の奨学金の返済ができない・・・結婚にも影響の恐れあり

奨学金について知っておきたい事実、そしてメリット&デメリット

奨学金というと学生の味方のような立ち位置にある制度ですが、貸与型の奨学金を借りた場合、奨学生を苦しめているという側面もあることを知っておきましょう。

奨学金はローン(借金)である

「奨学金は学生が自立して学ぶことを支援するために、学生本人に貸与し、卒業後、学生本人が返還していくものです。」

日本の奨学金貸付総額の約9割を占める日本学生支援機構(JASSO)のホームページにはこのように書かれています。

つまり、奨学金とは国が認めた「教育ローン=借金」のこと。

給付型の奨学金(返済しなくても良いタイプ)はほとんどありませんから、奨学金と言う言葉を聞いたら、マイカーローンやマイホームローンと同じだと考えましょう。

奨学金のメリットは利息の安さ

奨学金は、第一種奨学金(無利子、利息0%)と第二種奨学金(有利子、利息約1%)に分かれています。

一般的な教育ローンの利息は、だいたい3.5%~6.5%なので、国が認めた学生のためのローンなだけあって、奨学金のほうが圧倒的に利息は安い。

しかも、第二種奨学金であっても、在学期間中は利息がつきません。

>>第二種(利息が付くタイプ)|日本学生支援機構

未成年である学生名義で借りられる唯一の借金

奨学金は、親の信用を使うのではなく、学生本人名義の借金で、学校卒業後に奨学生が働いて借金を返すことを前提として貸付しています。

この仕組みによって、経済難で、親がローンを借りられない場合でも学生本人の意思があれば、進学できるようになりました。

すばらしい仕組みですね!

激増している有利子の奨学金

無利子の奨学金は、経済難かつ学力が優れた学生を救う制度として発足されました。

だけど、奨学金を借りる段階で、まだ学力が届かない人はそれを使えませんでした。

そこで、国が認めた有利子奨学金(=教育ローン)が生まれたというわけです。

このおかげで、多くの人がお金に困らず大学に進学できるようになりました。

延滞金(金利10%⇒5%)というローン地獄・・・

卒業後の就職活動に失敗し、奨学金を返済が出来ない人が増えています。

ちょっと怖いのは、奨学金を延滞した場合、10%⇒5%(2014年4月に改定)の延滞金が発生します。

>>延滞した場合|日本学生支援機構

一般的なローンと同じですね。

ここで、見落としていけないことは、何とかお金を作ることができ、日本学生支援機構に奨学金を返せるようになった時です。

返還できるようになった延滞金を返した時、そのお金はまず延滞金の返済に当てられ、延滞金の返済が終わってから通常の返済となります。

①延滞金の返済(5%) ⇒ ②利息の返済(3%) ⇒ ③元金の返済

利息5%という数字は大きな数字なので、延滞が長期間にわたった場合、延滞金が雪だるま式に増えていき、返済できなくなる可能性もあり。

返済のために必ず就職しなければならない、就職したらやめられない

奨学金を借りて進学した場合、卒業後は自動的に本人名義の借金の返済がスタートします。

就職難で良い就職先が少ない中で、就職しないという選択肢はなく、必ずどこかに就職しなければなりません。

そんな状況で、ブラック企業にはいってしまったら、奨学金の返済があるのでやめられない、つまり債務奴隷になるかも!?

3ヶ月以上返還を滞納したらブラックリストに名前が載る

1度でも奨学金の滞納があると、本人に電話での督促が始まり、3ヶ月以上の滞納になると、奨学生の個人情報がブラックリストに送られます。

【登録される個人情報】
・氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先など
・貸与額、最終返還期日等、その他に延滞、代位弁済、完済等の返還状況など

>>滞納した場合|日本学生支援機構

一度ブラックリストに名前が載ってしまうと、クレジットカードが作れなくなったり、住宅ローンやマイカーローンが組めなくなります。

その後、3~8ヶ月間の間は委託先の民間業者から督促を受け、滞納が9ヶ月を過ぎると「支払督促」が送付され、それでも滞納を続けると、本人の給与差し押さえ(約25%程度)や提訴が始まります。

>>旧育英会の奨学金未払いのため、裁判所から給与差押の命令が勤務先に届いてます。 債権者代理人の債権回収会社に電話した|just answer

返済の可能性がなくなると弁護士から自己破産を進められるが・・・

奨学金の返済が出来ない状況になって、弁護士に相談すると自己破産を薦められます。

しかし、自己破産しても借金がなくなるわけではなく、奨学金の申込みの時に記入した連帯保証人があなたの代わりに取り立てられます。

このような仕組みから、すでに返済できない負債を抱えたまま、自己破産できない状況になる可能性もあり。

奨学金に関する様々な批評のまとめ

奨学金に関する様々な意見をまとめています。

ずばっと本当のことを言っているものもあるので、ぜひ参考にしてください。

本当のこと言って何か不都合でも? 〜奨学金問題を学んじゃうよ〜

引用)本当のこと言って何か不都合でも?|YouTube

奨学金取立ての現場

出典)奨学金取り立ての現場|Veoh

最後に一言

今回は、奨学金の実際の姿である借金や結婚に影響を及ぼすという側面を中心にお話しました。

日本育英会が発足してバブルが崩壊するまでは、大学を出ると確実に仕事があったし、奨学金も無利子かつ借り入れの審査も厳しかったので、奨学金を返せないというケースは余りありませんでした。

でも、今はそういう状況ではありません。

大学を出ても就職をしていない人が約20%もいます。

奨学金を借りている人は、大卒者全体の半分程度なので、約10%の人が大学卒業後、まとまった収入がない状態なのに、1~3万円の支払いを迫られる状況にあります。

そして、運悪く奨学金を返せなかった場合、利子5%の延滞金が元金の上にどんどん積み重なっていく・・・

このようなケースは、稀ではありません。

奨学金は借金である!

このことをしっかりと頭に入れて、奨学金を借りるのか、借りるとしても借りる額をいくらにするのかを真剣に検討しておきましょう。

もし、奨学金の返済が厳しくなってきたなと感じたら、すぐに奨学金の減額返済を申請しましょう。

返済期間は倍になりますが、連帯保証人に知られずに奨学金の月々の返済額をおおよそ半額にする事が出来ます。

>>奨学金の減額返還で毎月の返済を半額にする方法

そして、奨学金の返還がどうしても出来なくなった場合は、躊躇せずに奨学金の返還期限の猶予を活用しましょう。

>>奨学金の返済をストップさせる返還期限猶予願の申請方法と理由の書き方

この制度は減額返済と同様に、日本学生支援機構が認めている正式な制度(督促やブラックリストの心配が要らない)であり、それを利用すると奨学金の返済を最長で10年間ストップ(後倒し)に出来ます。

ただし、連帯保証人にも連絡が行きますので、事前に事情を説明しておきましょう。

あなたが根気よく誠実に対応し、収入が増えてから責任を持って返済する事を約束すれば、この段階では連帯保証人が取り立てられることはないので、きっと理解してくれるはずです。

あなたが躊躇すればするほど、事態は悪化しますから、このことだけはしっかりと肝に銘じておいてくださいね。

今回は、あなたに奨学金のリスクを知ってもらいたくてデメリットを強調しましたが、あくまで奨学金や日本学生支援機構はあなたの味方です。

奨学金と上手に付き合っていきましょうね。

それでは!

スポンサーリンク

表示中の記事: 3 / 3ページ中

スポンサーリンク