奨学金を返済できないと感じたときに取るべき3つの行動

奨学金が返済できない・・・

そう感じたときにすぐに適切な行動が取れるかどうかが、奨学金を楽に返済していけるかどうかの鍵を握っています。

実際、私の場合、奨学金の返済ができないと感じた時に奨学金の返済を一時的にストップする「返還期限猶予」を申請(3年間)し、その後、半額づつなら奨学金を返済できるような経済状況になった頃から「減額返済」を申請(1年間)したという経緯があります。

これらの方法は、日本学生支援機構の正式な手続きなので、個人情報などにもキズをつける(ブラックリストに載るなど)ことなく、毎月数万円も引き落とされていた奨学金の返済を正式に猶予してもらえます。

そこで今回は、奨学金の返済ができないと感じたときに取るべき3つの行動についてお話します。

なお、既に奨学金の返済を滞納してしまっている場合は、こちらの記事が参考になると思います。

>>【必読】奨学金を滞納した場合に取るべき3つの行動

スポンサーリンク

表示中の記事: 1 / 3ページ中

スポンサーリンク