【奨学金猶予】返還期限猶予願の具体的な申請手順と書き方まとめ

返還猶予が認められると送られてくる通知

返還猶予願を出してから約2週間後、自宅に「奨学金返還機嫌猶予承認通知書」が送られてきました。

日本学生支援機構の奨学金の返還期間猶予願_0001

奨学金返還期限猶予を申請後、承認通知が送られてきた

これで希望通り、大学院で借りた無利子と大学で借りた有利子の2つの奨学金を1年間返還猶予してもらえます。

また、奨学金の返還猶予をした場合、連帯保証人のところにも下のような通知が届きます。(人的保障の場合のみ)

日本学生支援機構の奨学金の返還期間猶予願_0002

連帯保証人のところに届く通知は、本人のところに届いたものとほとんど同じ内容で、「○○さんの奨学金の返還の猶予がみとめられました。」程度の内容です。

申請時に書いた家庭の事情や経済状況などは記載されていませんので、安心してください。

なお、この返還猶予は一年毎に更新する必要があるので、1年後にも経済状況が改善してない場合は、今回と同じように申請を出すことを忘れないようにしましょう。

最後に一言

今回は、奨学金の返済を止める返還猶予願の申請方法と理由の書き方についてお話しました。

この返還猶予願は、条件に当てはまり、事情がしっかりしていれば、比較的容易に受理されます。

もし、何らかの理由で奨学金の返済に不安がある方は、奨学金の返済が滞ってしまう前に是非この制度を活用してくださいね。

それでは!

スポンサーリンク

4ページ目(全4ページ中)

スポンサーリンク