第二種奨学金を無利子で返済するための3ステップ

第二種奨学金は借りた額に利子分を上乗せして返済するのが通常。ただ、3つのステップを行うことで有利子で借りた第二種奨学金を無利子返済も可能に。返済が始まるタイミングの人は必見です。

日本学生支援機構の第二種奨学金(きぼう21プラン、有利子)は、返済が始まるタイミング(大学を卒業した時点など、在学中は無利子)からこれまで借りた元金に対して利子がつき始め、時間が経つに従って、実際に借りた額よりも返済総額の方が多くなっていきます。

ただ、以下で紹介する3つのステップを踏むことで、本来支払うべきだった第二種奨学金の利子分を払わなくて良くなるという事が出来てしまいます。

  1. 返還期限猶予に申込む
  2. 返還猶予された分を貯蓄する
  3. 繰上返済で利子分が免除になる

今回は、そんな第二種奨学金を無利子返済するための3つのステップについて詳しくお話していきます。

なお、第二種奨学金に関してこちらの記事も参考になると思います。

>>奨学金申請理由の書き方と参考例文まとめ

>>【授業料免除】申請理由の例文と作文のポイントを解説

>>【10万円以上も】繰上返済と返還猶予で奨学金を無利子返済する方法

スポンサーリンク

1ページ目(全2ページ中)

スポンサーリンク