【奨学金貸与額】大学4年間で必要な費用(学費・生活費など全て)はいくらなのか?

大学への進学について考えるとき、やはり気になるのは学費のこと。

大学に進学する場合、授業料や施設費などの学費以外にも、多額の生活費が必要になってきますよね。

それらの費用は仕送りや奨学金で賄うわけになるのですが、一体どれぐらいの費用がかかり、みんなはどれぐらいの仕送り、奨学金を借りているのか気になりませんか?

そこで今回は、大学4年間でかかる学費や生活費などのトータル費用に加えて、仕送りや奨学金の貸与額の決め方などについてまとめてお話していきます。

なお、大学の費用に関してこちらの記事も参考になると思います。

>>奨学金申請理由の書き方と参考例文まとめ

大学4年間で必要な費用のまとめ

まずはじめに、大学4年間で必要な学費(授業料や施設費、教科書代など)と生活費(通学費、食費、住居・光熱費、保険衛生費、娯楽・嗜好費など)の合計額について、まとめておきます。

ちなみに、入学前の費用には受験料や入学金などの大学納付金(すべり止めの分)、そして自宅外の場合は部屋探しから入居までの生活準備費用も含みます。

国公立大学の場合

自宅通学 自宅外
入学前 61万円 106万円
1年目 112万円 173万円
2年目 112万円 173万円
3年目 112万円 173万円
4年目 112万円 173万円
合計 509万円 799万円

私立大学(文系)の場合

自宅通学 自宅外
入学前 54万円 99万円
1年目 147万円 206万円
2年目 147万円 206万円
3年目 147万円 206万円
4年目 147万円 206万円
合計 640万円 922万円

私立大学(理系)の場合

自宅通学 自宅外
入学前 53万円 98万円
1年目 179万円 238万円
2年目 179万円 238万円
3年目 179万円 238万円
4年目 179万円 238万円
合計 767万円 1051万円

私立大学(医歯系)の場合

自宅通学 自宅外
入学前 130万円 175万円
1年目 425万円 484万円
2年目 425万円 484万円
3年目 425万円 484万円
4年目 425万円 484万円
合計 2680万円 3080万円

※参考にしたデータはこちら。

・日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果」
・文部科学省「国立大学の授業料、入学料及び検定料の調査結果について」
・文部科学省「公立大学学生納付金調査結果」
・文部科学省「私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額の調査結果」
・日本学生支援機構「学生生活調査」

これらの結果から分かるように、国公立<私立(文系)<私立(理系)<<<私立(医歯系)の順に、大学で必要な費用の額が多くなっています。

自宅通学と自宅外による費用の差は年間40~60万円程度。

ざっくりとした金額ですが、大学4年間で必要となる費用はこのような数字になっています。

大学生が親から送ってもらう仕送りの平均額について

ここまでのデータから大学で必要な費用については、ざっくりと頭の中にイメージが出来たと思います。

続いては、大学生が親から送ってもらう仕送りの平均額について、調査してみました。

「仕送り」は▲1,530円の69,780円。

引用)第47回学生生活実態調査の概要報告 part1|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

月平均の仕送り額は9万1300円で過去最低額を今年も更新

引用)私立大学新入生の家計負担調査2011年度

親元を離れて暮らしている大学生の1か月の生活費は平均で12万2170円と、前の年より670円多くなっていました。

このうち最も多いのは「仕送り」で7万140円でしたが、生活費全体に占める割合は57.4%と、同じ項目で調査を始めた昭和50年以降、これまでで最も低くなりました。

引用)大学生の生活費 「仕送り」割合過去最低に|NHKニュース

首都圏の私立大生の仕送り額の推移

首都圏の私立大・短大に昨春入学した自宅外通学生の生活費は1日937円--。東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)が4日、こんな調査結果を発表した。仕送り額は13年連続で減少し過去最低を更新。「アベノミクス」の経済効果が、1人暮らしの大学生を抱える家庭にまでは浸透していない実態が浮き彫りになった。

引用)東京私大教連の調査結果|毎日新聞

これらの結果から、大学生が親から貰う仕送りは一月当たり7~9万円、年額で84~108万円、4年間の仕送り総額は336~432万円が相場ということになります。

このデータと先ほどの大学で必要な費用を比べてみると、自宅外のなかでは一番費用のかからない国公立の場合(779万円)を例に挙げてみても、300万円以上も大学費用が不足する事になります。

この不足分を補ために教育ローンではなく、奨学金を利用していくというのが、最近の大学費用のトレンドになってきています。

奨学金の平均貸与額について

それでは、みんなはどれぐらいの奨学金を借りているのでしょうか?

文部科学省がまとめた「奨学金貸与事業の概要」に載っているデータを参考にお話していきます。

まず、大学・短期大学の全学生に対する日本学生支援機構奨学金の受給率は、35.9%(97万2千人)となっていて、およそ3人に1人が奨学金を利用していることになります。

本題となる奨学金の平均貸与月額は、無利子5.9万円、有利子7.3万円となっています。

4年間の総額に換算すると、無利子283万円、有利子350万円。

このことから、先ほど例に挙げた自宅外の国公立(4年間の費用779万円)の場合、親からの仕送り(平均336~432万円)では賄いきれなかった、残りの約300万円を奨学金で捻出しているようなイメージを持ってもらえると良いでしょう。

ただし、私立(文系、理系、医歯系)などの場合、更に多額の奨学金が必要になる場合もありますので、ここで紹介した費用は、あくまで参考値として捉えておいてください。

最後に一言

今回は、大学4年間でかかる費用や仕送り、奨学金の貸与額などについてまとめてみました。

最近、景気が低迷している影響からか親からの仕送りは減少し、奨学金の貸与額は増加している傾向にあります。

ただ、奨学金は卒業後に返済していく必要があり、その数百万円もの借金の返済に苦しんでいる人が出てきているのも事実ですので、これらのことを踏まえた上で、大学の費用を捻出する方法を慎重に検討していってくださいね。

スポンサーリンク

1ページ目(全1ページ中)

スポンサーリンク