【母子家庭向け】申込可能な3つの奨学金と具体的な申込方法

【母子家庭向け奨学金その1】日本学生支援機構の奨学金

まず始めに紹介しておきたい奨学金は、日本で一番有名な国が実施している日本学生支援機構の奨学金です。

母子家庭の人が申し込める独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の奨学金

出典)独立行政法人日本学生支援機構 – JASSO

この奨学金は、母子家庭の人も一般家庭の人と同じ条件(月額、無利子・有利子など)で申し込むことができます。

日本学生支援機構の奨学金まとめ

出典)公明スポット 4月から奨学金が充実

気になる審査基準は、学力基準と家計基準があり、学力が高く、収入が低ければ奨学金に合格する可能性が高くなります。

母子家庭の人が勘違いしやすい点としては、「母子家庭の場合は一般的な家庭より親の収入が低いので奨学金に通らないのでは?」と思ってしまいがちですが、奨学金は基本的に収入が低い人の方が合格しやすい制度となっていますので、心配しないでください。

具体的な審査基準の例を見てみると、高校在学中に大学で使うための奨学金(有利子、予約採用)に申し込む場合は、こんな感じです。

母子家庭の人でも受けられる日本学生支援機構の奨学金の例

出典)第二種|日本学生支援機構

このように、家計基準の所得額の上限はかなり高めに設定されていますので、学費に困っている母子家庭の人であれば、成績が平均点以上あれば月額3~12万円の有利子の奨学金を受け取る(借りる)ことができます。

ちなみに、この奨学金に申し込む際に必要となる連帯保証人になってくれる人が見つからない場合でも、機関保証制度という制度を使えば、連帯保証人無しでも奨学金に申し込むことができます。

機関保証制度について

日本学生支援機構の奨学金の貸与を受けるにあたって、保証機関が連帯保証する制度です。
一定の保証料を支払うことで、奨学金の申込みができます。
平成16年度以降の採用者で、機関保証制度の加入者を対象として、債務保証をします。
機関保証制度加入者は、連帯保証人及び保証人は不要です。
奨学生(返還者)が奨学金の返還を延滞した場合、日本学生支援機構の請求に基づき、保証機関が奨学生(返還者)に代わって残額を一括返済します。その後、保証機関が奨学生(返還者)にその分の返済を請求します。

引用)機関保証|日本学生支援機構

日本学生支援機構の奨学金は、約9割の人が利用している奨学金ですので、まずは母子家庭であってもこの奨学金を利用できることを知っておきましょう。

具体的な申込方法については、個人ではなく学校単位で申し込みを実施しています(通信制の学校は個人で日本学生支援機構に申し込みの場合有り)ので、現在所属している学校の先生や事務員(奨学金担当者など)に詳細を聞いてみてください。

次のページでは、母子家庭向け奨学金その2についてお話していきます。

スポンサーリンク

表示中の記事: 2 / 4ページ中

スポンサーリンク